重要文書の廃棄は溶解!

重要文書の廃棄は溶解!

重要文書の廃棄は溶解! 重要文書を廃棄するには、機密保持のために大変な労力がかかります。
シュレッダーで裁断をする方法もありますが、紙の燃えるゴミがたくさん出て、CO2削減の観点からも環境に悪いことがあります。
裁断に際しての労力も時間も掛かりますし、大量の場合は持ち運ぶのも大変な場合があります。
少しでも手間を軽減するために、重要文書を廃棄するなら、溶解処理をして判読できないような状態にして処分するのが最適な方法でしょう。
重要文書を施設に運搬する間に見られてしまうのが心配な場合は、業者指定の容器に入れて封をして、外部から閲覧できないようにして処理場に出すことができます。
特殊な容器なので、入れたまま溶解処理をするのが可能となっています。
業者によっては、心配な場合は、完全に溶かしきるまで企業側の人間が付いていることも許可している場合もあります。
シュレッダーで裁断された紙では、繊維が切れているため無理な場合がありますが、溶解処理された重要文書は、リサイクル処理されて他のものに生まれ変わらせることが可能です。
無駄なく古紙パルプとなって、再生紙を使ったトイレットペーパーやダンボール、コピー用紙などの原料となりますので、環境にも優しい処理方法として注目を集めています。

重要文書をそのまま溶解へ

重要文書をそのまま溶解へ 事務所の大掃除などをしていて、過去の重要文書が大量に出てきてしまうことがありますよね。
全てシュレッダーにかけるのも手間がかかるし、かといって内容が外部に漏れるのは問題があり、廃棄の方法に困ります。
そんなとき、重要文書をバインダーやクリップなどもそのままダンボール箱に詰め、回収してもらうだけで、機密内容を保持したまま溶解してくれるサービスがあるのです。
ダンボール箱は開封されずにそのまま溶解処理されるため、絶対に外部に内容が漏れることはありません。
また、回収された書類は溶解後、トイレットペーパーなどにリサイクルされるため、シュレッダーにかけて廃棄した場合よりも格段に環境に優しいです。
とても便利なこのサービスの注意点として、禁忌品の混入を防ぐことが挙げられます。
クリップやバインダーなど、少しの金属、プラスチックに関しては外さずに溶解することができますが、写真や粘着テープ、銀紙やセロハンなどは水に溶けにくく、リサイクルに適さないため溶解することができません。
ダンボール箱の中はチェックされないというシステムである以上、依頼する側の責任として、これらの禁忌品が混入していないか確認しておく必要があります。

おすすめ重要文書廃棄リンク

機密文書や重要書類の廃棄・溶解・処分の定期回収・臨時回収を行ってくれます

東京の重要文書廃棄なら